転職は中々難しいものですね。

私の父の場合、新卒時が就職氷河期と言われている時期で、はっきり言って職を選ぶどころの話ではなかったそうです。

狭き門な上に、様々な事情が重なり、父は思いもかけない職場に勤め出したといいます。

就職先があっただけマシだ!と言われていましたが、入社前から嫌で嫌で仕方がなかったそうです。

その我慢も限界に近づいた頃、父の頭をよぎるのが転職だったそうです。

ところがその時は、私が入社した当時よりも就職が難しいと言われている時期でした。

ああ、今の学生さんは大変だな・・・と気の毒に思いつつも、自分もよりによってこんな時期に転職なんて無理じゃないかと諦めていたそうです。

そんな状態が1年程続いたそうですが、父は精神的に追い詰められてしまい、悪い時期だなとは思いましたが、退職に踏み切ったそうです。

父がいうには阿呆なことに、転職先のアテなど全くなかったということです。

そんな状態ですから、仕事探しは本当に闇の中にいるような気分だったそうです。

父はハローワークにも頻繁に通いましたが、求人も少なく、面接に行っても労働時間などに問題があり、自分からお断りすることも多々あったそうです。

しかし最終的にはハローワークの紹介で転職先が決まりました。

そのころに薬剤師転職福井といった転職専門のサイトなんかがあればもっとスムーズに転職が出来ただろうなとも言っていました。

そうですよね、今では看護師転職サイトや医者の転職サイトなど色々な転職サイトがありますからね。

誰もが簡単にネットで転職できるようになっている現代は良い時代だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です